リポイン、ていうか、リトラ・ストック化? その2

リポイン、ていうか、リトラ・ストック化? その1』からの続きです~


 ハンダ付け完了~。延長用のシリコンケーブルを少し太めのヤツにしたので、つなぎ目もちょっともりもり気味になってますですが、このあと様子を見ながら少し削ってやるですよ。


 ちょうどこのハンダ付けした継ぎ目の部分が肝心カナメの一番窮屈な“曲げ”の位置にあたりますのでここは大事です。
 つなぎ目の太さをを整えたら丸ヤットコを使ってじっくり慎重に曲げてやり、熱収縮チューブを被せたうえにさらにダメ押しのビニテ保護を施しましたですます。


 で、プレートはめでたく何のストレスもなくおさまりました。
 あ、ちなみにいまさらですが、レシーバはキングアームズ製ですよ。


 チューブをレシーバに固定、ケーブルをいいカンジの長さでカットしてミニコネクタを取り付けたらほとんど作業完了ですおめでとう!
 写真はケイホビーのリポバッテリ 7.4V 1100mAhを入れてみたところ。長さ125mmのバッテリーで丁度いっぱいいっぱい、コネクタの逃げ場がありませんので、エンド・キャップをはめずにストックの中にはみ出させます。このときはストックをめいっぱいまで縮めることはできませんですよ。


 リポバッテリはチューブの中で大体この位置まで入ります。ケイホビー1100mAhではコネクタの入るスペースが有りませんが、ET1の700mAhなら全長100mmなので、コネクタを収めてエンド・キャップを最後まで閉めることができます。なのでストックも最短ポジションまで縮めることができますよ。


 リポ・イン・チューブにしますと、バッテリ交換をするためのストックの付け外しが頻繁になります。
 マグプルのストックは、チューブから抜き取るのに非常に使いにくいちっちゃな専用工具が要ったりしていちいちめんどくさいので、ポジション穴のレール部(なんて言うのココ?)のエンドを削っちゃいますた。これで、ストックの抜き取りも、ポジション調節とまったく同じレバー操作でできるようになりましたよ。


 PWS エンハンスト・バッファ・チューブ・ミルスペック。上面にポジション表示がありますが、表示窓の無いMOEストックにはかんけーないですな。(`▽´)


 ストック・ベース上面に刻まれたPWSのマル小マーク。かっちイイ! ヽ(`▽´)


 MOEストックを使いやすいポジションに調節したうえで、もと使っていた固定ストックを並べてみました。やっぱりこれだけ、ちょうどゴツいプレキャリの厚み分くらいの長さが足りなかったのですねー。
 

 おまけに先っちょもプライマリィ・ウェポンときたもんだー!! ヽ(`▽´)ノ
 では、マイベイビー・リトラクタブル・ストック化作戦、これにて任務完了の巻~。
 明日は塗りだぃ。






同じカテゴリー(電動ガン)の記事画像
もっとラルー分を!
ハイサイ・ベイビー・シェイクダウン
ハイサイ・ベイビー・パワー・アップ
ハイサイ・ベイビー不調
2年越しのMP7
初次世代!
同じカテゴリー(電動ガン)の記事
 もっとラルー分を! (2013-07-27 20:10)
 ハイサイ・ベイビー・シェイクダウン (2013-07-15 23:58)
 ハイサイ・ベイビー・パワー・アップ (2013-07-15 00:19)
 ハイサイ・ベイビー不調 (2013-07-11 14:01)
 2年越しのMP7 (2013-06-08 21:46)
 初次世代! (2013-05-13 22:32)

2011年09月11日 Posted by りょう介  at 01:32 │Comments(0)電動ガン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。