ハイキャパCustomっ記_04


で、まあシャーシのレール部分の磨きですが。
もともと箱出しでばっちり動くので
雑誌などでよく見るようにピッカピッカになるまでは磨かなくとも
充分だと思いますですよ。
あんまりやりすぎても、磨り減っちゃってかえって調子を崩したり、、、。


スライド側で気にするポイントは、後端の出っ張りです。

ハンマーを確実に起こすためでしょうか、だいぶ盛り上がってます。
これは、スライドが戻るときにハンマーに引っ掛かって
一回つまづくようなカンジに少なからぬ抵抗になっておりますので、
フロント側を少々削って、スロープ具合をなだらかにしてやりますです。
このとき、盛り上がりの最高高さを削ってしまわないようにくれぐれも注意注意ですよ~。







同じカテゴリー(ガスガン)の記事画像
コスパイ・リスペクト・リボルバー
コスタのパイソン
ハイキャパ復活
ボウイーG19
長年探し求めていたM19
ハイキャパを引退させる
同じカテゴリー(ガスガン)の記事
 コスパイ・リスペクト・リボルバー (2013-08-29 16:59)
 コスタのパイソン (2013-08-24 23:59)
 ハイキャパ復活 (2013-08-01 00:01)
 ボウイーG19 (2013-05-26 21:15)
 長年探し求めていたM19 (2013-02-04 20:23)
 ハイキャパを引退させる (2012-07-16 23:04)

2007年08月16日 Posted by りょう介  at 14:04 │Comments(0)ガスガン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。