“ならず者”気分で・・・。【4】


 前回に引き続き、HWSのFDC、こちらは「ライト」です。“軽い”のライト。
 その名のとおり全ABS製で非常に軽く出来てます。ABSの利点は、軽さ以外にも耐衝撃性が高いので気兼ねなく激しい扱いが出来ることですね。
 ホルスターに引っかけまくったり床に落っことしまくったりの下手くそガンマンにはもってこいってもんです。(^^;

 組み立てキットで入手して、内部チューンはフルにやりました。
 カスタム・シリンダーとロング・ベースピンはすでにセットされていたので、あとは全てのスプリングとハンマー、トリガーをカスタムパーツに交換したりエジェクタ・チューブ、フレーム、トリガー・ガード、ハンマーなどなど削るとこ削ったりして…。
 唯一手を入れなかったのはフォーシング・コーンの金属化ぐらいですよ。

 これもお気に入りの一挺だったのですが、今はめったに会えなくなってしまったモデルガン好きの友人にあげちゃったので、もう手もとにありません。




タナカSAA FDSを磨こう!の4回目は「ハンド」です

ハンド本体は、側面と、前面の逆Rというかオーバー・ハングのえぐれ面を磨くべし!磨くべし!
で、こっから先は、構造をよぉ~く理解してからでないとGUNを壊しちゃう加工なので
自信のある人限定ですが、
まずシリンダーのラックと噛みあう上端部、
写真で写ってない向こう側の下側を斜めに削り落として、ハンマー・ダウン時の抵抗を軽減。
くれぐれも削りすぎは禁物です。
そしてハンド・スプリングの両側を削って幅を狭めることによってしなやかに。
これもトリガー・スプリング同様に、カリカリチューンまで持っていくには
細くて軟らかいワイヤー・スプリングに交換しちゃうっちゅうのもアリです。





同じカテゴリー(ガスガン)の記事画像
コスパイ・リスペクト・リボルバー
コスタのパイソン
ハイキャパ復活
ボウイーG19
長年探し求めていたM19
ハイキャパを引退させる
同じカテゴリー(ガスガン)の記事
 コスパイ・リスペクト・リボルバー (2013-08-29 16:59)
 コスタのパイソン (2013-08-24 23:59)
 ハイキャパ復活 (2013-08-01 00:01)
 ボウイーG19 (2013-05-26 21:15)
 長年探し求めていたM19 (2013-02-04 20:23)
 ハイキャパを引退させる (2012-07-16 23:04)

2007年03月17日 Posted by りょう介  at 22:49 │Comments(0)ガスガン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。