コスパイ・リスペクト・リボルバー


コスタのパイソン、コスパイにインスパイヤされてペガサス・パイソンをカスタムしておりましたが。
グリップはホーグ・ラバー、フロントサイトは赤ペンキ塗りと、間に合わせのつもりで仮置きしたものが自分的に妙にカッチョよく、どちらもこのままにすることにしまして。
懸案だったシリンダー・ラッチの色も、グレイがカッチョいいのでもうグレイで塗っちゃいましたよw
そして仕上げに、60発ほど撃ちこんだら作動キズが出来てなんとも言えず愛着を感じる佇まいに。

ともすれば美術工芸品として腫れものを触るような扱いをされるコルト・パイソンの、本質を暴き出したようなこの実用銃としての重厚な道具感がたまりませんです。






同じカテゴリー(ガスガン)の記事画像
コスタのパイソン
ハイキャパ復活
ボウイーG19
長年探し求めていたM19
ハイキャパを引退させる
GBBBaby
同じカテゴリー(ガスガン)の記事
 コスタのパイソン (2013-08-24 23:59)
 ハイキャパ復活 (2013-08-01 00:01)
 ボウイーG19 (2013-05-26 21:15)
 長年探し求めていたM19 (2013-02-04 20:23)
 ハイキャパを引退させる (2012-07-16 23:04)
 GBBBaby (2012-05-24 12:37)

2013年08月29日 Posted by りょう介  at 16:59 │Comments(0)ガスガン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。