マッドブル製『PWS エンハンスト・バッファ・チューブ・ミルスペック』には、その上面にストック・ポジション・インジケート用のナンバリングがプリントされています。


 でも、マグプルPTS『MOEストック』には表示するための窓穴が無くって、そのポジション・ナンバーが見えませんです。


 窓が無けりゃ開ければいーじゃない。ってことで、まずは位置決めから。
 ナンバリングはチューブ下側に並んだポジション穴それぞれの真上にプリントされているので、ストックの窓穴も、ロック・スタッドの真上に開けてやることが必要です。
 今回の場合は、うっすら残ったパーティング・ラインを正中線として、この線上にロック・スタッドの位置を探しますよ。
 で、こういうときはこのように、伸縮しない素材の幅広テープを使うとお手軽。テープをスタッドの延長線とし、パーティング・ライン上にドリル位置を決めますです。


 大きい穴を開けるときはまず細いキリから始めて、3~4段階かけてだんだん太くしていくです。


 開通おめでとう!


 私のおきにポジションは「3」でしたよ。






同じカテゴリー(パーツ)の記事画像
UMP45 サイレンサー・バレル・キット
アルマグリップ、スリムライン
リポ投入或いはリトラストック化への第一歩
多弾数マグ導入
アンビはヤメです
ぱちP-Magのフィッティング
同じカテゴリー(パーツ)の記事
 UMP45 サイレンサー・バレル・キット (2013-01-30 00:34)
 アルマグリップ、スリムライン (2012-09-01 22:47)
 リポ投入或いはリトラストック化への第一歩 (2011-08-27 23:45)
 多弾数マグ導入 (2011-06-27 00:00)
 アンビはヤメです (2011-05-10 23:37)
 ぱちP-Magのフィッティング (2011-05-04 02:24)

2011年09月18日 Posted by りょう介  at 00:46 │Comments(0)パーツ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。